道外出身の一人から見た道内の???

アクセスカウンタ

zoom RSS JR北海道は客を増やせない会社なのか?

<<   作成日時 : 2019/05/09 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あくまでも持論で乱文ですが、なぜそう思ったか。札幌を除く大都市同士の特急がないから。
例えば旭川〜富良野〜帯広
(今現在東鹿越〜新得が不通。さらに富良野〜新得で廃線という話も出ている)
それこそJR西や四国みたいに2〜3両編成の特急を作って走らせる。
今のJR北海道の都市間交通の最大の敵は高速バス。
高速バスが時刻や本数・料金などが便利すぎて列車に乗らないというのが現状かと。
ならば高速バスより便利のいい列車を作ればいいものの「お金がない」という理由で作らないし設定も
しようとしない。
そんななかで遠くない未来に新千歳空港複線化及びホーム拡張の話があり、それが完成すると石勝線の特急も
新千歳空港に経由するらしい。
それならば石勝線の特急に2両くっつけて新得で切り離しの富良野行をつくれば観光客がとれるのではないか?
新千歳乗り入れの前に現行のスーパーおおぞらに2両追加でもいいかと思う。そうすれば南千歳〜富良野(〜旭川)の直通ができ観光客がダイレクトに富良野に行けるというのは大きいと思う。
(所要時間は、ざっくりとした計算ですが2時間30分前後で行けるかと)
そうすれば根室線の新得以北の影響係数はかなり改善されると思う。
(現在、千歳〜富良野へ行くバスもないためインパクトは大きいと思う。富良野なら旭川空港の方が近いと思う方がいらっしゃるとは思いますが、旭川空港は国内だと羽田と中部からしかないためこの2空港から以外の場合、どうしても新千歳になってしまう。国際線も同様かと)
札幌と結ばない路線は2〜3両編成で都市間を結べばいい。
それこそ打倒高速バスぐらいの勢いを見せてほしいもの。

今のJR北海道は札幌基点にしすぎで、観光客を観光地〜観光地まで乗せるという意識がない。
(車両の関係で旭川始終点の列車もありますが・・・)
新幹線が札幌まで来たら明るいと思っているが、それは早くても7年後。
その間に年間100億の赤字(新幹線だけで)つけていくのか?
そんなに赤字が出ているのであれば特急に戻し、赤字額削減すべきである。少なくても札幌延伸までは。
新幹線赤字が減ったらその分を道内の方へ輸送改善すればいいわけで。
あと、いわゆる乗客数が「1人」以下の駅については「0」になった時点で廃駅にしてもいいと思う。止まらない分だけ都市間の高速化できるから。


そして北海道(道庁)。
少なからず「観光をメイン」というなら公共交通網の整備はいると思う。
実際問題、観光地によっては公共交通網がなく、車がないといけないというところもあり、都市間移動の弊害があるところも。
あと、北海道特有なのか何かあれば国が何とかしてくれる精神があるんじゃないか?と甘えみたいなものがあるようにも受けられ、自力で何かしようというものが見えてこない。
今の北海道を変えるなら道外からの人の意見をとりいれて変化させないと変わらないと思う。


北海道という広大な土地には観光地だらけなのに交通網がいまいちすぎるのはいかがなのかと思う。
北海道庁・JR北海道は廃線ありきではなく、どうすれば観光客に列車に乗ってもらえるかを外からの意見を取り入れたもとで考えてほしいものと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR北海道は客を増やせない会社なのか? 道外出身の一人から見た道内の???/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる