JR北海道初乗り200円に

JR北海道初乗り200円に 10月値上げ:どうしん電子版(北海道新聞)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/302912

消費税率引き上げ分の2%と合わせると11・1%の値上げということで大幅値上げになる模様。
札幌の地下鉄が初乗り200円なのでそれに合わせたのか?と勘繰りたくなりますが・・・
全体的に単純に10%の値上げとした場合、主な区間の運賃は
札幌~新千歳空港 1160円前後(現行:1070円)
札幌~小樽 700円前後(現行:640円)
札幌~旭川 2740円前後(現行:2490円)
札幌~函館 6300円前後(現行:5720円)
札幌~帯広 4750円前後(現行:4320円)
札幌~釧路 6890円前後(現行:6260円)

となりますが長距離になるほど値上げ率は抑えてくると思いますが(単純に10%上げるだけで400~600円上がるので)これ以上運賃上げてくると高速バスにさらに客を持っていかれて、場合によっては飛行機で移動の方が安くなる恐れもあります。(該当:釧路・函館~札幌(丘珠))
この値上げで「高いね」という理由でさらに客が減ればJR北海道という会社は間違いなく終わります。
それは国鉄民営化が失敗したことにもなります。
すでに民営化したときのうたい文句は破綻してますけどね。(寝台はなくなり、線路もなくなり・・・)

ここからぼやき。
まぁー札幌近郊だけでいうとダイヤは快速エアポートと旭川行き特急と学園都市線の札幌発を除けばパターンダイ
ヤではなく覚えにくいし、札幌駅で同じ方面の普通が2本いたり、快速-普通や札幌止めの列車からその先にいく列車の乗り換えがホームまたがってたりと改良するところはかなりある。
札幌市内でも電車間隔が30分以上の駅がありますからね。

新幹線も赤字が100億を超えこれが経営を圧迫してるのは間違いなく、赤字路線の見直しに手を付けるなら新幹線からだと思うんですが。
個人的には東京までの直通ではなく仙台までに短縮して車両を短くして、東北からの客を集中してとる。白石蔵王以南の客は仙台で乗り換え。(これJR東が嫌がると思うが・・・)新青森~新函館北斗の10両は現行だとオーバースペックですから・・・

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック