18きっぷ日本縦断 2018年3月ダイヤ改正後(稚内→枕崎) その3

その1・その2のダイヤで一部ワープありで枕崎に向かう場合です。

前回までJRのみの条件を入れて行程つくっていますが、予定より(遅延等で)進まなかった場合、ダイヤ的には4日目に新山口まで着ければ枕崎に付けます。(ただし5日目に遅延がないという条件がつきますが)
この場合、八代→川内間は【肥薩おれんじ鉄道】経由となりますが
実はこれかなりのショートカットになります。時間的に言うと・・・

JRのみだと
八代→人吉→吉松→隼人→鹿児島中央で8時間16分
当日中に八代から枕崎に行ける本数は1本のみですが、
(八代6:57発のみ(SLを使えれば10時台))

肥薩おれんじ鉄道経由だと
八代→川内→鹿児島中央で3時間40分~4時間30分
(ダイヤによって所要時間が変わる)
当日中に八代から枕崎に行ける本数5本に増加。
(八代14:19発が枕崎に行ける最終)

と約4時間の時短になります。追加費用も多くないのに、このワープはかなりの効果です。

肥薩おれんじ鉄道には18きっぷ発売時期には「おれんじ18フリーきっぷ」が発売されており、当日有効の18きっぷを提示したときのみ購入可能です。

これに1日目に北海道内でのワープすると青森以降がかなり楽になります。
具体的には旭川12:00発→滝川12:32着と
長万部22:11→新函館北斗23:17着or五稜郭23:27着の区間で特急を使うと1日目で函館まで行けます。
さらに青函フェリーの02:00発を使うと青森駅7時前には着けるので後の行程がかなり余裕出来ると思います。
森での1泊料金くらいの金額で上記ワープ可能です。体力的には大変ですが・・・

次回は【枕崎→稚内のダイヤ改正後】です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック