地下鉄さっぽろ駅連絡通路柵撤去

さっぽろ駅の南北線と東豊線を結ぶ通路の柵を撤去し、
南北方向の通行を可能になります。
撤去工事は9月1日~10月末の予定です。
それに伴い、さっぽろ駅での乗り換え方法が変わります。

ニュース元:地下鉄さっぽろ駅連絡通路柵撤去について(9月1日~)

きっぷで乗車の場合

南改札口に新規設置される【黄色の改札機】に切符を入れて、
切符をとっていったん改札外へ。
その後30分以内に乗り換え先の改札機を通過する方式。
黄色以外の改札機で出場するとさっぽろ駅で最終降車した扱いとなり、
きっぷが出てきません。
出場後30分を超えると、出場時に改札機を通したきっぷでは入場できなく
なるの注意

ICカードの場合
ICカード(SAPICA、その他交通系ICカード)が使える全ての改札機で
出場・入場ができます。出場後30分を超えた場合、入場はできますが
新たな乗車(さっぽろ駅からの乗車)となり、
最終降車時はさっぽろ駅からの運賃を引き去るので注意。
ICカードの場合、乗車駅→さっぽろ駅までの運賃が先にひかれ、
乗り換え先の下車駅で
【乗車駅から下車駅の料金からさっぽろ駅で引かれた額の差額】
がICカードから引かれます。
例:北12条→環状通東(運賃:250円)の場合
北12条→さっぽろ間200円が南北線改札機を出た時にひかれ、その後、
30分以内に東豊線改札機を通過→環状通東駅で差額の50円が引かれる
という仕組みになるらしい。

(IC・きっぷ共通)
今回の乗換方法変更で大きく変わるのが乗換駅がはっきりするということ。
例えば北12条→環状通東まで行く場合、今まではさっぽろで乗り換えたか
大通で乗り換えたかがわからなかったが、今回の変更によりさっぽろ駅で
改札を出たかどうかで乗換駅がわかるようになり、大通経由だと2重運賃
(北12条→大通 と 大通→環状通東)を取られることになるそうです。

2重運賃を考えられる例(さっぽろ駅~大通駅を2回通る経路)
南北線北12条駅以北~大通駅~東豊線さっぽろ駅以北
南北線すすきの駅以南~さっぽろ駅~東豊線大通駅以南
東西線西11丁目駅以西~大通駅~さっぽろ駅~大通駅~バスセンター以東

2重運賃にならない例
南北線北12条駅以北~さっぽろ駅or大通駅~東豊線豊水すすきの以南
南北線すすきの駅以南~さっぽろ駅or大通駅~東豊線北13条東駅以北
東西線各駅~大通駅~南北線さっぽろ駅~東豊線北13条東駅以北
東西線各駅~大通駅~東豊線さっぽろ駅~南北線北12条駅以北

考察
SAPICAで乗ってさっぽろ駅乗り換えの条件で下車時の差額<ポイントの
時にポイントから引かれるのか、カード残高から引かれるのかを確認。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック